戦後最後の花婿移民奮戦記

日本に生まれ、異国の地に渡り住んだ私のつたない思いをつづります。

2017年09月12日 火曜日 そろそろ…

夕飯と弁当を作らなきゃ。
でも、もう少し、待とうか。
汚い台所を使うのが気がひける。
食パンを食べて、
おなかの虫が騒ぐのをしのいだ。
でも、もう午後十時。
いま、料理して食べれば、また、胃がもたれちゃう。
嗚呼
どうしよっかな。
歯を磨いて、寝ちゃおうか。
さっき、食べに行けばよかった。
体がべとべとでシャワーを浴びたら
出不精になった。
だから、ここで、ぼーっとしている。
そんな毎日が続く。
ここの管理人も
人が少ないのにこんなに汚すのは初めてっと閉口していた。
私も同感。
なんで、こんなに汚いのだろうって思うほど汚い。
この間、2日間、ほっておいたが
あまりの悪臭に、放置されていた食器を洗った。
医大を目指す人たちが多いのに、なんてこった。
こんな人たちに自分の体をまかせられないなぁって思った。
でも…
自分の家ではきっと、
こんなにだらしないことはしないだろう。
そう、思う。
公共の場こそ
相手の迷惑を考えない人は多い。
だって、公共の場だから。
共有するのであるから
責任も共有ってこと。
だれがやっても
自分が被害をこうむらなければそれでいいって思うんじゃないかな。
兎角にこの世は住みにくいのです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。