戦後最後の花婿移民奮戦記

日本に生まれ、異国の地に渡り住んだ私のつたない思いをつづります。

2017年11月12日 日曜日 忙しい…

忙しい毎日。
洗車したり、牛の世話。
今日は、床も作って、草刈りだ。
少しずつ、ブツブツ交換の場所を作っていこうっと。
まずは、フリーマーケットから。
みんなでブツブツ交換…
日ごろのうっぷんを掲示板に書いてもらって…
みんなの足りないもの、ほしいものを
物々交換してもらう掲示板を作って…


メールで個人的にできるから、いろんな情報が共有できるようになった現在。
それを安心して情報交換をする場がなくなってきているような気がする。
無料だと画像のデータのやり取りができないようになっているネットの世界。


普通の画像ならいいけど、変な画像やまやかしだといかさまや風俗に走りがち。
それを抑制しながら…
荒らし行為も抑制して…
意外と難しい。
個人の情報交換をしてしまえば…
個人で全ての交渉が成立してしまう。
でも、その交渉で起きた問題は、個人間の解決努力となるので、
サイトの管理者の責任ではなくなる。
管理者としてはいいが、だれも信用しないサイトになってしまうのである。


最近、サイトを簡単に立ち上げることが可能になった。
でも…
サイトでお金を稼ごうとおもったら、毎月の使用料を払い、顧客をつかまないといけない。しかも、リピーターを募らなければ意味がない。
あ、あのサイトに行けば、見つかるかも…
というような仕上がりにしておかないといけない。
そのためには、検索エンジンで簡単に検索できるようにしないといけないし、
大手企業がもう、着手しているから、それに負けないサイトにしないといけない。
しかも、在庫調整も大変である。
個人でするとき、品切れなんて、ことになると、だれも、見向きもしなくなるだろう。


個人のブロガーやサイトでお金を稼ごうなんて甘い汁がいっぱいあるのは…
夢のまた夢。


いままでにない、それでいて、みんなが、お、これだったらっていうものを作らないと
これだけサイト作りが簡単になった世の中…


全てがコピペで作られた、しかも、人工知能が作るサイトも出来上がることだろう。


一番いいのは…
地道に
堅実に
確かな道を歩むこと


その中に、ひょっとしたら、一攫千金になるようなことがあるかもしれないから。
いろんなことをやっているうちにまぶしいほどのダイヤモンドを見つけるかもしれない。
あのゴールドラッシュのときのように…


どんなにきつい作業でも
どんなに見つからなくても
金を探し求めた男たち…
その金は、男たちの夢だった
夢のような生活を送りたい…
それが彼らの生活の原動力だった


それが、いまのネットにも通じるところがあると思う。


叶わぬ夢を追い求め…一攫千金を狙う人たち…
いつの世も変わらず
その夢を追い求める人たちは、
大勢、いるのである。


☟このブログにご意見・ご要望 これは、アメリカのティーンズの間に人気になった。
これは、無記名でそのサイトの管理人にメッセージを送ることができるサイト。
昔の目安箱:私は、これを「私の目安箱」と命名している。
どんなことを書いても、公表されることはない。
ただ、管理人がコピペをすれば別だが…
Sarahah - take007


☟海外生活情報交換所なら
これは、せっかく掲示板というサイトで昔懐かしい「掲示板」を再現。
いま、掲示板を使う人は少ない。
なぜなら、Whatsapp, Lineなどで、簡単にメッセージを送ることができるから。
みんなに告知はお手の物。
でも、その掲示板をお店の人たちが利用するようになっている。
お店の評判をお客様にこの掲示板に書き込んでもらい、宣伝に利用するのである。
大手企業は経済基盤がしっかりしているが、中小企業では、なかなかである。
だからこそ、自分のお店の評判を「口コミ情報」ということで書き込んでもらうのである。tabletで簡単入力。そして、写真をパチリ。もう、それで、その情報の信ぴょう性はグンと上がる。しかも、手書きでサインしたり、書き込めれば、もっといい。写真編集機能をジョイントさせればいいだけ。
いつか、こんなアプリを作ってみようかな。というより、あるのだろうか。
お店の評判!お客様の生の声!こんなことがありました!などなどに使える
掲示板アプリ
ちょっと、探してみよう。
なかったら、作ってみようっと。
私は、その使用料をいただければいいから。または、アプリの売り上げだけでいいです。
と長ーくなりましたが、書き込んでみて!
海外生活情報交換所 ( 掲示板 )


最近、自分で作ってみたものを紹介するようになった私。作ったといってもサイトではなく書き込むところを作ってみたので、悪しからず…

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。