戦後最後の花婿移民奮戦記

日本に生まれ、異国の地に渡り住んだ私のつたない思いをつづります。

2018年07月14日 土曜日 ひょっこり…

『ひょっこり』といえば『ひょっこりひょうたん島』
この人形劇を支えてきた人形たちは『人形劇団 ひとみ座』たちのものである。
1964年に『ひょっこりひょうたん島』が放映され始め、国民に親しんできた。
そして…
いまもなお、この人形劇団は活動を続けている。


『ひょっこりひょうたん島』と言えば、その時代を風刺し
賛成派と反対派に分かれた作品である。


当時、30歳前後の井上ひさしさんが脚本家として大抜擢を受け、
毎日が勝負の作品だったそうだ。


この『ひょっこりひょうたん島』と一緒に育った私。


いま懐かしく、思い出した。


私は、小間使い『チャッピー』として、職場で働きながら、
この作品をいつも胸に秘め、毎日を過ごしている。


一応、この人形劇団のサイトのリンク先をここに載せておく。
 ☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。