戦後最後の花婿移民奮戦記

日本に生まれ、異国の地に渡り住んだ私のつたない思いをつづります。

2018年03月17日 土曜日 有休…

一年間、働き詰め…
その間に義父が亡くなり
葬儀やら相続で大変だった。
問題があったと言っても…
昔は出生届もままならなかった時代。
そんなときの書類なんてどこを探したって出てこやしない。
ここは、日本ではないし。
日本だって、戦時中、混乱期は
生き別れになったかどうか…
なんてわからない時代があった。
岸壁の母…
それを見て涙する人が大勢いた。
いまは…
戦争自体を知らない人が多い。
だから、隣で物騒なことが起きれば、
身構えて何が悪いってことになる。
でも…
武力に武力で対応するなら…
武田信玄の作ったと言われる分国法
そう、喧嘩両成敗を国際法で適用してほしいものだ。


武力には、愛情をもって、
孤立させないように
惨状にならないように…
対応したいものだ。


というわけで、話は脱線したが、
30日間の有休の私。


自分の仕事をばっちりして、リフレッシュ。
職場に戻ったとき、クビって言われてもびくともしない私。


いつか、そうなってくれないかなっていう願望も密かに持ちつつ
有休を満喫しようとしている私であった。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。