戦後最後の花婿移民奮戦記

日本に生まれ、異国の地に渡り住んだ私のつたない思いをつづります。

雲のように生きたい…

2018年03月17日 土曜日 命日…

あれから、24年が経った。
24年前、私たちは大農場に住み込んで、働いていた。
妻は妊娠していた。
24年前の今日、妻は出血しているのに気がついて、主治医に電話しにいった。
当時、電話なんて、なかったから、
2㎞離れた高速沿いにあった公衆電話まで歩いていった。
主治医の判断で、すぐに診察したいとのこと…
私は、呼び出されて
カンピーナスの中心地まで、フォルクスワーゲンのカブトムシで妻と急行。


胎児の心音が聞こえない…


超音波診断を別なところでして、その結果…
即入院ってことになった。


だから、また、入院の準備・手続きするのに一度大農場の我が家に引き返し、
慌てて、また、出かけた。


私も一晩、付き添った。
農作業で疲れていたが、心配で一睡もできなかった。


点滴をしている妻。
その液がなくなりかけ、看護婦を探した。
夜勤の看護婦は、眠っていた。
その眠っていた看護婦を起こして…
やっと、点滴を取り替えてもらった。


翌日、妻は、子宮をきれいにされた。


これで、自然流産した妻の子宮は、きれいになった。


フォルクスワーゲンのカブトムシが、
医者しか止めてはいけない駐車場にいれてしまったので、
病院の警備員に怒られた。


あれから、24年。


あの病院は、つぶれて、もう、廃墟となった。


あのときは、必死で…
とにかく、乗り切っただけ。


いまは、大学に通う二人の娘と息子に囲まれながら過ごしている。


あの命日は…もう、遠い過去の思い出となってしまった。


遠い過去になった思い出も
今もなお、私のこころのなかで生き続けているのである。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。