戦後最後の花婿移民奮戦記

日本に生まれ、異国の地に渡り住んだ私のつたない思いをつづります。

雲のように生きたい…

2018年10月06日 土曜日 選挙前日…

ブラジル大統領選、結局PTになる確率が高い。
国民の真意を実行してくれる人でないと困る。
喧伝をする政府や恐怖政治を敷く体制にだけはなってほしくない。


PTは、どんな風にいっても根底にあるのは共産の理念。
理想と現実は違うということを知らねばならない。


ブラジルの選挙は、義務付けられているため
どうしても組織票が伸びてしまうという欠点がある。


しかも、すべてがコンピュータで電子的に処理されてしまうため、
不正が容易にできるようになっており
不正の摘発が困難になっている。


ブラジル政府は、一切の不正がないというが
住民の100%近くの得票率を誇った元ブラジル大統領ルーラのデータは
統計学的見地からしてもあやしいのである。


いまそのルーラは、牢屋で服役中だが、
選挙公報に出るわ、牢屋から出せと
国民に訴えかけ、それに賛同する国民が大半を占めるブラジルの現状は
非常に危機的状況にあるといって過言ではない。


南米の先進国と意気込むブラジル。
その行方はどうなることやら。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。