戦後最後の花婿移民奮戦記

日本に生まれ、異国の地に渡り住んだ私のつたない思いをつづります。

2018年06月19日 火曜日 自爆テロ…

自爆テロが多発…
しかも、10歳前後の少女…
なんてことだ。
大半の少女が自爆することを知らされず、
自爆テロを実行しているという事実がある。


こういった悲惨な現実に目を向ける人は少ない。
平和に何不自由なく勉強ができる国に生きている人は幸せだ。
虫にさされて大病院に搬送…
自爆テロを余儀なくされた少女たちには
夢のまた夢の話である。


こんな悲惨な事実がいつなくなるようになるのだろうか。
全世界の幸せな人たちは、
もう少し、他人の不幸せに目を向けるべきである。


教科書通りに…
マニュアル通りに…


生きることができればいいってことはないのだから。


可哀想な幸せに生きている人たちに声を大にして言いたい。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。