戦後最後の花婿移民奮戦記

日本に生まれ、異国の地に渡り住んだ私のつたない思いをつづります。

雲のように生きたい…

2017年12月09日 土曜日 旅立ちの会…

ついに
今日、16人が旅立った。
久しぶりに会う彼ら。


その際、彼らに伝えたことを動画にしてみた。

/* 平成29(2017)年度 中学部卒業生に贈る言葉 */
文章は次の通り…



贈る言葉
本日は、おめでとうございます。


昔の人は、会うと手の大きさで働き者かどうかを
判断したものです。


その手の「ぬくもり」を感じられる人になってください。
そして、みんなの心にもその「ぬくもり」があるということを
忘れないでください。


ところが、手の「ぬくもり」は、感じることは簡単ですが、
心の「ぬくもり」を感じることは、忘れがちです。


でも、みんな、一人ひとりの心に
「思いやり」を持っていれば、
きっと心の「ぬくもり」を感じることができることでしょう。
この「思いやり」を象徴する木が
中学部3年生教室の前に
ひっそりと植わっています。
何年か前にたった7人の卒業生たちが
植えていきました。


小さかったあの木は
私の背を越すくらい大きくなりました。
君たちの心の中にも「思いやり」を育ててください。


勉強の目的は、「役立てるためにする」ことです。
自分のために…
そして
みんなのために…
忘れないでください。


やさしさ…という漢字は
「優れる」と書きます。


優しい心を持った優れた人になってください。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。