戦後最後の花婿移民奮戦記

日本に生まれ、異国の地に渡り住んだ私のつたない思いをつづります。

2017年11月25日 土曜日 ロボットと…


この記事を読んでほしい。
日本では恋愛シミュレーションゲームが中高年に流行っている。
若い世代にも密かに流行っている。
さて、そこで…
人間とロボットとセックスするっていうけれど…
それは、快楽を追究するためだけなのだろうか。
セックスの最大の目的は、子孫繁栄なんですけど。
そういうロボットは、春を売る商売の人々を奈落の底に落とすだろうか。
または、春を売る商売の人々の救世主になるのだろうか。


しかもロボットと恋愛感情を抱いたのを描写した映画「Blade Runner 2049」も登場している。この映画について知りたかったら…

それにしても、この映画にでてくるロボットの彼女は可愛かった。


人間は老化する。
ロボットは老朽化する。


もし、ロボットと人間の間で恋愛感情が芽生えはじめ、結婚するとなると…
婚姻届けを出す必要があるのだろうか。
しかも、ロボットはオプションでどんな形にもなるから、まず、離婚なんてありえない。
その人の理想のロボットが出来上がっていくからだ。
ということは…
恋人も自作する時代になるということだろうか。
自作自演の恋人。
相手がいるけど
それは自分が作った相手。
自作自演のセックス。
ロボットという機械をつくり
恋愛も機械が相手。
そんな時代が来るのだろうか。


その一方で、不妊治療に使わなかった冷凍した精子の行方ってどうなるか知っていますか。実は、カトリックを主体とした国は、捨てられないんです。
実は、精子の永久保存になるんです。
それには、精子の主、もっと言えば、不妊治療したカップルが
その冷凍保存の経費を負担し続けることになるんです。
うかつに精子を冷凍しないように…


もし、セックスロボットが市場に出回るようになり、
健全?なセックスが横行し、出生率が低下するのは間違いかも。
そうなると、永久に凍結されている精子を利用して、
同性愛カップルに子どもを授けることも可能になるかも。


繁殖機能を持ったセックスロボットが開発されるともっと問題は拡大する。
どうして?


セックスロボット同士でセックスし始めたら、
お父さんもお母さんもロボットの子どもができちゃうでしょ。
その赤ちゃんは、セックスロボットが育てるのだろうか。
しかも、その子どもは登録しないと…
市民権は得られるのだろうか。


私の父はセックスロボット1号、
私の母はセックスロボット28号…


そんな時代が来るのだろうか。


一時期、遺伝子組み換えやクローンで研究者たちの倫理観が問われたが
セックスロボットが市場に出回ると…
ちょっと考えただけでも厄介な問題がたくさんあるような気がする。


もちろん、性病対策ができるという利点もあるだろうが
その反対に複数人とセックスするセックスロボットがいたら
結局、おなじことのような気もするが。


セックスロボットは、あくまでもロボットだから
完璧なまでに完璧に感じてしまうだろう。
しかも、恋愛感情はいらないし。
そしたら、売春ロボットの生産をしようというのが
開発の目的なのだろうか。
ただ…
一人につき一台のセックスロボットだったらいいが、
一人につき複数台のセックスロボットのケースやその逆に
複数の人が一台のセックスロボットとセックスすることになったら…


結局、問題はあんまり変わらなくなると思う。
どころか、より複雑な問題が発生しそう。


そんなふうに思った。


☟ご意見・ご要望は、「私の目安箱」まで。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。