戦後最後の花婿移民奮戦記

日本に生まれ、異国の地に渡り住んだ私のつたない思いをつづります。

2017年11月08日 水曜日 正直…

正直って
「正しく、真っ直ぐ」って書く。


正直な行動をしていれば、
正しく、真っ直ぐな道を歩くことができる。
その反対もありだ。


そのことに気が付かず、
ついつい
飾りたくなるっていうのが
普通の一般世間の習わし。


でもね
正直に歩いた方がいいと思うよ。


ぼくは、
「馬鹿が付くくらい正直」だって
母がこぼしてた。


だから、損をしてるって言いたかったに違いない。


その損は一時的なもの。


人生で
一番、大切なものは、「正直」だと今でも思ってる。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。