戦後最後の花婿移民奮戦記

日本に生まれ、異国の地に渡り住んだ私のつたない思いをつづります。

2017年10月17日 火曜日 繕い…

繕い…

もう、死語に近い。

昔は、服に穴が開いたり、鍵ざきになったら

針を持ったものだ。

今は、今着ている服を大切にするより

新しい服を大切にするようになった。

執着心や愛着、ものを大切にしようという考えは

繕うとからは生まれない世の中になったように思う。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。