戦後最後の花婿移民奮戦記

日本に生まれ、異国の地に渡り住んだ私のつたない思いをつづります。

2017年10月12日 木曜日 サボテン…

私の机にサボテンを飾った。
でっかい蘭の入っていた透明なガラスの容器に
白い化粧石を入れ、
普通の植木鉢にミズゴケと松の幹の皮を敷きサボテンを植えた。


そして、私の机がきれいになった。


サボテンは、
ひがみや嫉妬などの悪い気持ちを浄化する力があるという。


これにあら塩でも机に置いておこうかな。


殺伐とした職場のいやな空気を浄化する装置を私の机に置いた。
いやみ、
ひがみ、
給料の不均衡
旧態依然の仕事の仕方
いまだに手書きですから…
しかも、
手計算主流のこの仕事…
引継ぎ資料の全く用意されていない職場…
仕事の共有を一切しない職場…
そんな欠点だらけの職場が…
いつ、改善されるのかな。


人が変わった…って思わせることは簡単。
でも、本来の姿は、羊の皮をかぶった狼たち…
そんな人たちがこの世の中を闊歩している。


でもね、いつも、私は
明るく楽しい健全な職場になりますようにって願いながら
毎日を過ごすのである。


だって、
自分がねたんだり、ひがんだりしたら、
同類になっちゃうもんね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。