戦後最後の花婿移民奮戦記

日本に生まれ、異国の地に渡り住んだ私のつたない思いをつづります。

2017年09月21日 木曜日 きもち…

私は谷川俊太郎さんの詩が好きだ。
今年の初め、
子どもたちに暗唱させた。
彼らの心に刻ませて小学部三年生にあがった。


きもち      作 谷川俊太郎(たにかわ しゅんたろう)


いろいろな 気もちが
生まれては きえ
きえては 生まれる
(中略)
子どもも 大人も 気もちは おんなじ
でも 自分の 気もちと 人の気もちは ちがう
人が どんな気もちか 考えてみよう


人がどんな気もちでいるのかを考えられる人…
そんな人になってほしいと願いを込めて。
もう、あれから半年が過ぎた。
彼らは大きく心も体も育ってる。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。